愛人契約して体の関係なしでシングルマザーに月100万円援助してます

MENU

現在は岡山で会社経営をしているのですが、小さい頃は母子家庭で育ったのです。
父親の記憶はかすかにあるのですが、酒と博打にのめり込むような最低の男だったのでした。
そんな父親と母親は別れて、女手ひとつで私を育て上げてくれたのです。
この事は本当に感謝をしてもしきれないという感じがしています。
母子家庭で私を大学まで進学させてくれると言うのは、並大抵の努力ではない事は今なら本当によく理解できるのです。
私が会社経営を始め、仕事も大変順調になり始めたために、そろそろ親孝行でもと考えていた矢先、無理がたたったのか母親に先立ったれてしまったのでした。
親孝行する前に、他界されたことは本当にショックであり、悔やむべきものだったのです。
感謝を形にすると言う事ができずに、この部分だけはどうしてもスッキリすることがなかったのでした。
このような経験をしているために、私自身もシングルマザーを見るとどうしても応援したいという気持ちを強く持つようになってしまっていました。
それは母親に恩返しができなかったために、別の形での恩返しをしなければいけないという気持ちになっていたのです。

 

 岡山の経営者仲間が集まる会合があり、親しくしている経営者仲間と話をしている時のことでした。
彼は1人で子育てをしている女性と、食事に行くだけで愛人契約をしていると話てきたのです。
この話を聞いて、私もどうしても応援したい気持ちを持っていましたから出会いの方法を聞いてみたのです。
すると、インターネットの出会い系サイトを使ったと話出しました。
出会い系サイトの中には、生活が厳しいシンママがいて助けを求めていると言うのです。
DVやモラハラをうけ離婚して1人で子育てをしながら生活をしている女性を助ける、食事するだけ体の関係なしで愛人関係を作れば、天国の母親への恩返しにも繋がっていきます。
中には売春行為なども嫌な女性もいるでしょうから、セックスなしで愛人契約をしてサポートをしてあげたい、この気持ちがとても強いものになってしまったのでした。

 

 孝行したい時に親はなしと言う言葉ではありませんが、母親に良い思いをさせてあげることができないのが今でも悔やんでしまっている部分です。
だから、1人で子育てをしている母親を何とかサポートしたあげようという気持ちを持っていましたが、出会い系サイトだったら愛人契約できる相手を探すことが可能だと言う事が分りました。
母親へのお礼のつもりで、困っている女性を助けようと思いました。

 

 

名前:太
性別:男性
年齢:63歳
プロフィール:
 愛人契約をする気持ちになったのは、サポートをしてあげたかったからなのです。
私の事を女手一つで育ててくれた亡き母親には孝行する前に他界されてしまった経験を持っています。
このような経緯がありますから、困っているシングルマザーには手を差し伸べたいという気持ちを持つようになっていました。
母親にしてあげられなかった孝行を、このような形で実現したいと思い、困っているシンママとの契約を考えるようになっていました。