愛人契約して体の関係なしでシングルマザーに月100万円援助してます

MENU

 私の母親もシングルマザーとして生活をして、私を頑張って育ててくれたのです。
これは今も昔も変わることではないでしょうが、女手ひとつで子供を育てていくというのは並大抵の苦労ではありません。
生活をするため仕事をたくさんしなければならず、さらに家事などもこなさなければならないのです。
子供心に、とても大変な思いをさせてしまっているなという気持ちを持っていました。
私の父親は、博打を売ったり酒を飲んだり、そして暴力を振るったりとろくでもない男だったのです。
まともに仕事をすることもなく、遊びほうけているような男だったので、母親が離婚をするのは当たり前だって感じがしました。
かなり小さい頃のことでしたから、ハッキリとした記憶はないものの、その当時の事を思い出すと嫌な気分になってしまいます。
そんな母親が一生懸命仕事をして、生活費を稼いでくれてわたしも何とか成長することができました。
高校生ぐらいになったら、アルバイトを始めて少しでも家計の役にたとうと言う気持ちにもなっていましたし、奨学金をもらうこともできたので、母親の苦労もほんの少しだけは解消できたのではないかと思います。
無事に卒業もして、大学まで進学させてもらった時などは感謝の念に耐えませんでした。
私にはひとつの夢があり、それは自分で会社を経営することだったのです。
会社を立ち上げ、それを大きくしていく、そしてゆとりができたら母親に思いっきり恩返しをして楽な生活をさせると考えていたのでした。
実際に自分の希望通り、自分の会社を持つこともでき、そして経営自体もとても順調に進んでいったのです。
これでやっと親孝行ができるなと思った時でした、母親が突然他界をしてしまったのです。
恩返しをする前に他界されてしまって、本当に悔やんでも悔やみきれない気持ちでいっぱいになってしまったのでした。
こんな経緯があるために、困っているシンママを見ると心が動かされてしまうのです。

何とかサポートしてあげなければいけない、それが母親への恩返しに繋がるのではないかという気持ちがありました。