愛人契約して体の関係なしでシングルマザーに月100万円援助してます

MENU

 とある経営者仲間が集まる会合が開催された時のことでした。
この会合と言うものは顔見せ的な意味合いの強いものであり、のんびりと出席することが可能なものでした。
酒を飲みながら、経営者仲間たちと情報交換や雑談を楽しむことができ、ほっと一息といった感じの瞬間となっていました。
大変年齢の近い、仲良くしている経営者仲間と酒を片手に話している時のことでした。
「最近のことなんだけどね、愛人契約的な関係を作ったんだよ」
「これは随分と盛んなんだな、その年齢で」
ほとんど年齢は同じ男性ですから、まさかあっちがそんなに元気だと思ってもいなかったので、思わず聞いてしまったのです。
しかし、苦笑しながら否定してきました。
「いやいや、そっちの方じゃないんだって(笑)。
そんな元気はとうの昔になくなってしまっているからね」
「それじゃ、どんな関係を作って楽しんでいるんだ?」
「楽しんでいると言うよりもサポートをしてあげると言った方が正しいかもしれないね」
このサポートという言葉には何となく引っ掛かるものがあったのです。
さらに話を彼に聞いていく事になりました。
「知り合ったシングルマザーがね、やっぱり生活がとても大変で苦しいという話をしててさ、それで食事に付き合ってもらうことでお金を支払っているんだよね」
「食事するだけの愛人関係でか?」

「ああ、月100万円手当を支払ってあげて、本当に喜んでもらっているよ。
人助けしているみたいで気分がいいね」
この話を聞いた瞬間、自分がやりと思っている事を実現できているのかと驚きの反応を示してしまったのです。
助けて欲しい女性とはどのように出会ったのか?それがとても興味があったのです。
私自身も母親に恩返しができなかったために、困っている女性を助けたい気持ちを強くしていました。
だから出会う方法を知りたいと思ったのです。