オナニーの見せ合い

彼氏から突然電話がありました。その電話内容は「俺もう死ぬかもしれない。お腹が痛すぎてもうだめかもしれない。」そういうことを言うので私は急いで彼氏と一緒に病院へ行きました。すると検査の結果盲腸と言うことが分かりました。しかもそこまでひどくないと言うことなので私はホッとしましたが彼氏はビビッていました。しかも手術なんて怖くていやと言うので私は何とか説得して入院させることにしました。彼氏の両親からも感謝をされ、息子と退院したら結婚して下さいとも言われました。
オナニーの見せ合い
入院中、彼氏から頻繁にメールがありました。怖い、不安と大の大人がびびっている姿に正直笑ってしまいました。さらには私に「オナニーの見せ合いとか入院中やらないか。オナニーの見せ合いして俺に元気を頂戴。」と、言ってきました。その言葉で正直呆れてしまいました。もちろんやりませんでした。退院したらたくさん楽しもうと伝えました。
それから退院して数日後に彼氏と会いました。あまりにも欲求不満だったのか会ってすぐHをしました。何時もより激しく攻める彼氏。そんなに動いて大丈夫かなと思うくらい。結局三回戦くらいやってしまいわたしの方がくたびれてしまいました。ところが、やはり動きすぎたせいか、呪術した傷口が開いてしまい再び入院してしまいました。先生には何故傷口が開いたのか理由を聞いていましたが答えることは出来ない彼氏は無言でいました。そして、また入院したくないという彼氏。こんな彼氏と結婚したら将来不安だなと思いいました。
オナ電アプリ
オナ見せ

Categories :
テキストのコピーはできません。